デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーン 黒ずみ

 

たくさんの美白化粧水やクリームはドラッグストアなどで
たくさん目にしますが、普段の食生活でも美白出来ることをご存知でしょうか?
今回は積極的に取りたい美白に効果的な食材をあげていきたいと思います。

 

  • 美白に効果的な栄養素と食材

 

ビタミンC
まず、美白と聞いて頭に思い浮かべるのは「ビタミンC」ではないでしょうか?
「ビタミンC」は、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制してくれます。
また、コラーゲンの生成をサポートしてくれる効果もあります。

 

抗酸化作用もありますので、日焼けなどによる
肌の酸化を抑制し、老化防止にも繋がります。

 

「ビタミンC」が多く含まれている食材は、
レモン、キウイ、苺、パセリ、ほうれん草、アセロラ、ベーコンなどです。
成人のビタミンCの摂取量はだいたい100mgです。

 

美白効果を実感したい場合はそれよりも
多めの300〜500mgを摂取するのが理想です。
「ビタミンC」は1度に大量に摂取してしまうと、すぐに不必要な分は
体外へ排出されてしまうので、1日に4〜5回と分けて摂取するようにしましょう。

 

ビタミンE
「ビタミンE」には、活性酸素の生成と過酸化脂質の酸化を
抑える働きがあり、シミやシワに効果的だと言われています。

 

血行促進や新陳代謝を高める働きもあるため、
加齢や食生活や睡眠不足によるターンオーバーの乱れにも
とても良い栄養素と言えます。

 

「ビタミンE」は、キウイ、ごま、アーモンド、アボカド、カボチャなど
といった食材に多く含まれています。

 

  • 甘い物の取り過ぎには注意が必要

 

肌の老化につながる食材などもありますので、注意しましょう。
女性は甘いものを食べると幸せな気分になりますよね。

 

最近は糖質ダイエットも流行っていますので、
摂取を控えている方もいるかと思います。

 

ストレス解消のためや、決まった時間のおやつには
問題ないかと思いますし、脳には糖分が必要不可欠ですので、
仕事の休憩時間に少し甘い物を取ることはとても大切です。

 

しかし過度に摂取してしまうと、悪玉菌やウイルスのエサになり、
活性酸素を出してしまうので、それがシミやシワの原因になります。
過度の摂取には気を付けましょう。

 

 

  • まとめ

ビタミンの摂取は1日に何度か分けて、出来るだけ多く摂取しましょう。
おやつは、ナッツ類などにすると効果的かもしれません。

 

ビタミンCは加熱してしまうと効果がなくなってしまうので、
なるべく生の状態や、ジュース、または市販のビタミン剤などで摂取しましょう。
今までの食生活を見直して、身体の中から美白をしてみましょう。

 

デリケートゾーン 黒ずみ

女性の気になる悩みの1つ、デリケートゾーンや
ビキニラインなどの黒ずみやくすみなどを効果的に
解消するためには、ターンオーバーのしくみを知り、

 

正しく肌がターンオーバー出来るように
心がけることが大切です。

 

 

  • ターンオーバーとは

 

肌の新陳代謝のことを言います。
古い皮膚が新しい皮膚に生まれ変わることです。
私たちの皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」と重なって成り立っています。

 

表皮の部分は、下から新しい細胞がどんどん上へ上がっていき、
古い表皮は最後は垢となって剥がれ落ちるということです。

 

このように時間をかけて新しい皮膚になっていくのです。
このサイクルをターンオーバーといいます。
表皮は絶えず生まれ変わっているため、日焼けした肌なども
時間が経てば元の肌色に戻るというわけですね。

 

  • ターンオーバーの速度、周期

 

ターンオーバーの周期は身体の部位や個人によって
異なるようですが、だいたい28日から56日程度と言われています。
また加齢によってターンオーバーの周期が遅れてしまいます。

 

30代40代くらいになると新陳代謝の低下により、
少しずつターンオーバーが遅くなりだいたい45日くらいかかるといいます。
傷の治りが遅くなったり、出来たシミや黒ずみが濃くなってきたと感じたら、
それはターンオーバー機能が低下してきたことが
原因かもしれませんので、見逃さないようにしましょう。

 

  • ターンオーバーを正常に保つにはどうしたら良いのか

 

ターンオーバーを乱す原因のとしては、食生活の乱れ、
生活リズムの乱れ、睡眠不足や過度のストレスなどが上げられますので、
しっかりと自分の生活習慣を見直すことが大切です。

 

また、顔を洗いすぎてしまったり、角質処理をたくさん
してしまったりしていると、ターンオーバーが早まってしまい、逆効果です。
ターンオーバーは早ければ良いということではありません。

 

未熟な状態の表皮は水分を保つことが難しいため、乾燥肌になってしまいます。
角質ケアをたくさんするよりも、やわらかな肌にするための保湿や、
黒ずみやくすみの原因であるメラニンに効果的な美白化粧水や
クリームを使いケアしましょう。

 

  • まとめ

 

肌の状態を健康に保つことで、
今している保湿や美白ケアがより効果的になります。

 

無理に角質ケアを行うのではなく、自然に肌が元の状態に
戻るような生活習慣にすることがとても大切です。
肌に刺激の強いものなどはなるべく使用しないようにしましょう。

 

同時に紫外線対策なども行うとより効果的になります。
明日から実践して、健康で丈夫な肌を目指しましょう。

 

デリケートゾーン 黒ずみ

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策してますか?
出来ることなら手軽に黒ずみ対策したいものですよね。

 

自己流でカミソリなどの利用や脱毛サロンでのレーザー照射、
そして窮屈な下着やボトムスなどの刺激が、メラニン細胞の活性化に繋がります。

 

逆に肌へのダメージを抑え保湿することが大切ですが
今回はデリケートゾーンの黒ずみに効果的な代表的なクリームを紹介します

 

 

  • 女の子の人気No1「イビザクリーム」

 

黒ずみをケアしてメラニン生成を抑えるトラネキサム酸と、
肌を整える2つの薬用成分が入ったイビザクリームは
医薬部外品に位置づけられていて、
効果効能の「美白」という黒ずみ対策にぴったりのクリームです。

 

また、美白だけではなく、保湿作用や抗炎症作用のある
4種類の植物成分を配合しているので、肌を理想的な状態に整えてくれるのです。

 

他にもヒアルロン酸ナトリウムなどの潤い成分が8種類も配合されて、
お手入れで乾燥しがちなデリケートゾーンに潤いも与えてくれます。
添加物も配合されていないので、敏感肌の方にも使えるので安心ですね。
>>詳しくはコチラ<<

 

  • 顧客満足度98.2%「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」

 

こちらのクリームはメラニン色素沈着抑制作用のある有効成分
「水溶性プラセンタエキス」が配合されています。

 

保湿成分もトリプルヒアルロン酸とトレハロースでお肌の
芯から潤いを保ち、セラミドによりお肌にバリア機能を作ります。

 

4種類の美白成分をぎゅっと凝縮しているようで、透明感を実感出来るクリームです。
こちらももちろんアルコールや添加物を配合していないので、
敏感肌の方でも安心して使えます。
>>詳しくはコチラ<<

 

■まとめ
初めて使う場合、肌に合うか心配だったり、
テクスチャーなどが自分の好みの物か不安になります。

 

しかし、イビザクリームは28日間、ハーバルラビットは60日間の全額返金保証付きなので、
明細書と商品の容器を返送すれば返金してもらえます。

 

もしも肌にわなくてもこういった保証が付いているから初めての方でも安心して使うことが出来ます。
今回挙げた2製品ともに国際規格のIOSマークのあるの国内工場で製造されています。
デリケートゾーンの黒ずみが気になっている方はこれを機会にぜひ使ってみるのも悪くないと思います。

 

 

デリケートゾーン 黒ずみ

 

季節問わず気になるのがシミや黒ずみ、お肌のくすみです
身体の色々なところに起こる色素沈着。
進行させないで白い肌をキープしたいですよね。
そのためには普段からのお手入れがとても大切です!

 

  • 色素沈着はメラニン色素の動きが関係している!

 

身体のいたるところに起きる黒ずみの原因は、紫外線や摩擦によって
メラニン色素が働き、肌を黒く変化させることによってその刺激から
肌を守ろうとしていることです。

 

長時間太陽の下にいて日焼けをしてしまうのはそのメラニン色素の働きということです。
そして日焼けして黒ずんだ肌は約1ヶ月かけて肌を再生し、元の肌色に戻していきます。

 

これをターンオーバーと言い、日焼けしてもしばらく経つと元に戻るのは
このシステムが身体の中に組み込まれているからなのですね。

 

なので、出来るだけ紫外線や摩擦などを減らせば
メラニン色素の働きを抑えることが出来る
ということです。

 

  • メラニン色素の動きを抑制するためには

 

まず紫外線はNGです。必ず日焼け止めクリームを使いましょう
顔だけではなく、首元や腕、脚などにも使用することをおすすめします。

 

特に薄い服を着ている時は、紫外線は衣類を通して
肌に当たってしまうので気を付けましょう。

 

また、あまり人の目につかない脇やデリケートゾーンは
特にメラニン細胞が多い場所なので、刺激を与えたり、
肌に合わないものを使用すると黒ずみが進行してしまうことがあるので注意が必要です。

 

化粧水などもそうですが、肌に優しく、刺激が少ないものを選ぶことが大切です。
そして、その中に美白成分などメラニン細胞へ直接働きかける作用のあるものが
配合されていると相乗効果で良いでしょう。

 

 

  • ターンオーバーを崩さない

ターンオーバーは加齢によって乱れていきます。

 

まだ子供だった頃は日焼け止めや化粧水など
さほど利用しなくても、自然に元の肌に戻っていきましたが、
だんだんその力が弱まってきます。

 

ターンオーバーの乱れの原因としては、ストレスや寝不足、食生活の乱れにあります。
普段から規則正しい生活をするのもとても大切なことなのです。

 

 

  • まとめ

自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

 

特にデリケートゾーンは洗いすぎたりすることが刺激になり、
逆に黒ずみや匂いの原因にもなりますので、
専用のウォッシュやクリームを使うことでそれが軽減出来ます。

 

きちんとした食生活を行い、毎日の肌のお手入れを行いましょう。

デリケートゾーン 黒ずみ

 

人には聞きにくいデリケートゾーンのお手入れ方法。
気になるのは黒ずみだけど、もしお手入れ方法が
間違っていたらトラブルにも繋がりやすいのです。

 

でもなかなか正しいお手入れ方法が分からない!という方も多いのではないでしょうか。
デリケートゾーンの1番の悩み、黒ずみ対策には使う石鹸の選び方が大切なのです。

 

 

  • 名前の通り“デリケートゾーン”はとても敏感でデリケート

 

デリケートゾーンは顔や体の腕や脚などに比べてとても敏感でデリケートな部分です。
特に局部は皮膚ではなくデリケートな皮膚粘膜です。

 

弱酸性で敏感なため乾燥したり、
外部の刺激によって痒くなりやすく、荒れやすいのです。

 

その外部刺激がメラニン細胞の活性化に繋がり、黒ずみの原因の1つになります。
ましてや生理期間中は長時間ナプキンを当てることになりますので
蒸れて雑菌が繁殖しやすく、匂いも気になりますよね。
デリケートゾーンはなるべく刺激をしないでおきたい部分なのです。

 

  • 石鹸選びを気を付けましょう

ではどのような石鹸を選ぶべきなのでしょうか。
市販の石鹸やボディソープは弱アルカリ性であることが多いです。

 

先ほど挙げたように、デリケートゾーンの局部は弱酸性なので、
アルカリ性の石鹸を使うことは避けるべきです。

 

アルカリ性の石鹸を使ってしまうと、皮膚にとっては良い菌であり、
皮膚を弱酸性に保ってくれる「表皮ブドウ球菌」まで殺菌されてしまい、
逆に真菌という匂いの原因菌が繁殖してしまいます。

 

大切なのは、良い菌を殺さず、肌にとって刺激の少ない石鹸を選ぶことなのです。

 

  • 洗いすぎによる刺激を減らす

肌や皮膚を清潔に保ちたいと思うと、どうしても大量の泡で
ゴシゴシとしっかり洗いたくなる気持ちになります。

 

しかし、敏感肌やアトピー性皮膚炎など、もともとデリケートな
肌の人にとってはその行為も肌にとっては刺激になります。

 

また、たくさんの石鹸や泡を使ってしまうと、自分の気づかないところで
すすぎ残しがあるケースもあり、それも肌への刺激の1つです。
刺激のない石鹸で優しく洗うことが大切だということです。

 

  • ビキニラインの美白には洗いすぎにご注意!

デリケートゾーンは清潔に保った方が良いけれど、洗いすぎには気を付けましょう。
肌に優しい天然成分が配合された
デリケートゾーン専用ウォッシュを使うと良いでしょう。

 

黒ずみや、匂いをケアしてくれる物があるので
、それを使い優しく洗浄するのがおすすめです。

 

洗浄成分が強いものは使わないようにして、
すすぎ残しのないようにきちんとシャワーで洗い流すことを心がけましょう。

ビキニライン 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみ、美白したいけど、
どんなものが効果あるのかよく分からない。
そんな悩みを抱えている人も多いのでは?

 

これから暖かくなり、夏になると肌の露出も多くなり、
黒ずみが気になっていたら自信を持ってビキニも着られない!
ここでデリケートゾーンの美白に効果がある成分を挙げてみましょう。

 

  • メラニン細胞に直接働きかける成分

 

色素沈着はメラニン細胞の活性化により行われます。
ターンオーバーの乱れた肌はそのメラニン細胞の働きかけで
肌を守ろうと肌の色を黒く変化させてしまいます。

 

このメラニン細胞に直接働きかけ、メラニンの生成を
抑える成分として有名なのが「トラネキサム酸」です。

 

美白化粧水などにも配合されている成分の1つで
知っている人も多いのではないでしょうか。

 

またこの「トラネキサム酸」は美白有効成分として厚生労働省の薬事法で
定められた「医薬部外品」としても登録されている成分です。

 

他にも、メラニン色素沈着抑制作用のあるのが
「水溶性プラセンタエキス」という有効成分です。
これもメラニンの生成を抑制して、色素沈着を防ぐ成分です。

 

他にも、「米ぬかエキス」、「ビタミンC誘導体」、
「オウゴンエキス」など、美白に有効な成分があります。

 

  • 美白と同時に肌を整えることが大切

美白成分を肌に浸透させる為にも、肌の状態をきちんと整える必要があります。
保湿を怠ってしまうと、乾燥が進み、その部分が外からの刺激に
弱くなってしまうため、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

 

敏感になり、弱くなってしまった肌に刺激を与えると、
炎症をおこしたり、かゆみの原因にもなってしまい、その刺激そのものが
メラニン細胞の活性化に繋がっていずれは黒ずみに変わってしまいます。

 

ふっくらと保湿された肌でいることがとても大切なのです。
高い保湿力のある「ヒアルロン酸ナトリウム」や柔らかく肌を保つ「グリセリン」、
角質層の水分保持をしてくれる「トレハロース」、
肌のバリア機能になる「セラミド」などの保湿成分も
同時に配合されている物を選ぶのが良いでしょう。

 

  • まとめ

美白成分だけではなく保湿もしっかりすることによって
その美白の効果を最大限に活かしましょう。

 

ケアを怠ることが黒ずみの原因になります。

 

これから紫外線の強い季節になるので、美白に有効な成分を
使うだけではなく、紫外線対策もしっかりと行うことで、
より効果的な黒ずみやくすみの対策になります。

ビキニライン 黒ずみ

 

デリケートゾーンの脱毛が最近流行っています。
芸能人の中にはハイジ―ナであることを公言している人もいますね。
確かに、下着から見えないように脱毛してしまいたい。

 

でも、サロンや美容クリニックでのフラッシュ式脱毛が、
デリケートゾーンの黒ずみの原因になることがあるのを知っていますか?

 

 

  • 刺激がメラニン色素の原因の元になることも

 

フラッシュ式脱毛の照射は痛みも少なく、
最近は導入しているサロンや、家庭用の物も普及していますが、
その施術後は肌がとても敏感な状態になっています。

 

敏感な状態の肌は乾燥しやすく、紫外線などの外部刺激にとても弱くなっているのです。

 

サロンやクリニック、またフラッシュ式脱毛器の
自己処理の後のケアを怠ってしまうと、肌のターンオーバー(肌の再生機能の周期)が
乱れてしまい、せっかく施術した箇所のメラニン細胞が活性化して、
黒ずみを作る原因になってしまいます。

 

 

  • 施術後のケアを怠らないことが大事

 

色素沈着を起こさないためにも、施術した箇所は
きちんと紫外線対策を行うことが大切です。

 

特に脇などは、知らず知らずのうちに紫外線を
浴びている場所ですので、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

しかし、敏感な肌の状態であるため、刺激の少ない物を選ぶことも大切です。

 

なるべく外出を控えたり、夏でも一枚羽織るようにするのが良いかもしれません。
また、「保湿」もとても大切です。乾燥した肌は肌荒れを
起こしやすいため、保湿クリームを塗ることも忘れてはいけません。

 

レーザー脱毛の後は、施術した患部を温めるのもいけないようです。
赤くなってしまったり、炎症を起こすことがあるので、長湯をしたりしないようにしましょう。

 

 

  • まとめ

このように脱毛後のケアを怠ると、黒ずみの原因になってしまいます。
保湿クリームや日焼け止めなどを使い、メラニン色素の沈着を防ぎましょう。

 

また、照射した部位がとても敏感な状態であるため
、刺激の強いものを使うのは控えましょう。

 

市販のデリケートゾーン専用のクリームなどを使うのが良いかもしれません。

 

保湿効果や美白成分が配合されていて、
無添加や天然由来の成分を使っているものが良いでしょう。

 

しっかりケアを行い、気になる黒ずみを作らないようにした方が
より自信に繋がり、夏に綺麗な肌を出して外出出来ますね。

デリケートゾーン 痒い

 

陰部はどんなに通気性の良い下着やナプキン、
おりものシートを使っていても蒸れてしまいますよね。

 

デリケートゾーンの黒ずみを薄くしようと
念入りに洗ってしまうと思いがけない影響も出てきます。

 

かゆみやニオイが不快感につながって、
陰部を清潔に保とうとお風呂でゴシゴシ洗浄していませんか?
実は陰部を洗浄しすぎるとかゆみやニオイの元になってしまいます!

 

  • 陰部はとてもデリケート

粘膜で出来ている陰部は弱酸性であるのに対して、
市販のボディソープの多くはアルカリ性で洗浄成分がとても強いため、
陰部をその泡でゴシゴシ洗い刺激してしまうと、かゆみやニオイの原因に繋がります。

 

敏感な陰部には石鹸の泡のすすぎ残しや、
ボディタオルなどを使って洗うことが刺激になります。
刺激を受けた皮膚は、そこを守ろうとメラニン細胞が活性化させ、
やがて黒ずみやくすみ、乾燥の原因になります。

 

また洗いすぎによって必要な菌である表皮ブドウ球菌が
殺菌されてしまい、逆にニオイの原因菌である真菌が増えてしまいます。
ではデリケートゾーンはどうやって洗っていけばよいでしょうか?

 

  • 気を遣ってやさしく洗う

肌に負担を与えないように陰部の清潔を
保つ為には、やさしく洗うことを心がけましょう。
刺激を与えないように、石鹸やボディソープを
きちんと泡立てて、必ず手で直接洗浄します。

 

陰部は複雑な構造になっており、汚れや垢などが
知らず知らずのうちにたまりやすくなっています。
もちろんその汚れはシャワーだけで洗い流すことは難しいです。

 

手に泡立てた石鹸やボディソープを乗せ、
こすらないように注意しながら丁寧にやさしく汚れを落として下さい。
この時長い爪などで陰部を傷つけないように気を付けましょう。
ちなみに膣には自浄作用があります。石鹸の泡で
自浄作用が失われてしまうので避けて洗うようにします。

 

  • 陰部専用ウォッシュを使う

市販の石鹸やボディソープ製品はとても洗浄成分が強いため、
デリケートゾーン専用ウォッシュを使うことをおすすめします。

 

専用製品の方が陰部の肌や粘膜にも優しく出来ていますので、手軽にケア出来ます。
最近では専用製品が色々あります。ネットで簡単に手に入れることが出来ます。

 

オイルで汚れを浮かせて洗い、ニオイの元となる汚れや
古い角質なども綺麗にすることが出来る物もあります。
これを機会に自分に合う製品を選んでみましょう。

 

  • まとめ

陰部を清潔に保つことはとても大切ですが、
力を加えて洗浄するとかゆみやニオイの原因になります。

 

通気性の良いナプキンやおりものシートが
多数販売されていますが、きちんとこまめに交換するようにしましょう。
自分に合った専用ウォッシュを見つけて、
早めのケアをしていけば、気になる不快感とさよならできます!

デリケートゾーン 黒ずみ 遺伝

 

デリケートゾーンの黒ずみ、気がついた時にはもう黒ずんでいたかも!
人の肌は生まれつき決まっているし、
この黒ずみは遺伝だからといって諦めていませんか?

 

人とは比べることも出来ないし、なかなか聞きにくい。
デリケートゾーンの黒ずみは何が原因なのでしょう?

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素

シミやくすみと同じで、デリケートゾーンが黒ずんでしまうのも、
このメラニン色素が原因だと言われています。

 

生まれた頃には顔や局部も黒ずんでいたわけじゃありません。

 

年齢を重ねるごとにこのメラニン色素が蓄積されているのですね。
顔や腕、脚などどの部分にもメラニン色素というものは存在します。

 

黄色人種と言われる我々日本人は欧米などの
白人の人たちよりもこのメラニン細胞を多く持っています。

 

ですから日焼けをすると、メラニン色素が肌を保護しようとして
表面に現れてきて、肌が黒ずんでくるのです。

 

そしてこのメラニン色素は、デリケートゾーンや乳首や脇など、
女性が気になる部分で特に活発に活動します。

 

メラニン色素は刺激すると動き出す

メラニン色素は日焼けなど外部の刺激によって活動を行います。
デリケートゾーンは特に下着やナプキンなどが当たることが多く、
常にメラニン色素が活動している場所と言っても過言ではありません。

 

かといって下着や衣服を身に着けないわけには
いきませんので、できる限り刺激の少ない素材を選ぶことが大切です。

 

自宅にいる間や就寝中などはなるべく綿100%の物を
着用したりすると肌への刺激が少なく済みます。

 

デリケートゾーン専用の石鹸やクリームを使用する

刺激が少ない方が良いと分かっていても
24時間何も着ないでいることは不可能です。

 

そこで、デリケートゾーン専用の石鹸や
クリームなどを使用してみるのがおすすめです。

 

通常の石鹸やボディソープは洗浄成分が非常に強く、
陰部を洗浄するには刺激が強すぎて、黒ずみの原因になります。

 

デリケートゾーン専用の石鹸やクリームを使用すれば、
黒ずみのケアも出来るし、デリケートゾーンを
刺激せずに清潔に保つことが出来ます。

 

黒ずみを消すのはなかなか難しいですが、
これからの黒ずみをケアしてくれる物として使用できますね。

 

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみを遺伝だからと諦めている人も、
この黒ずみの原因を知っていればこれからの黒ずみ対策になるはずです。

 

刺激を減らして、きちんとケアすることによって、
もっときれいになれるかもしれません。

 

諦めずにデリケートゾーン専用ウォッシュやクリームなどを利用し、
しっかりケアして自信を持つことが大切ですね。

 

デリケートゾーン 黒ずみ

 

デリケートゾーンの黒ずみ、女性にとって大切な場所だからこそしっかりケアしたい!
一体何が原因で黒ずんでしまうのでしょうか?
人にはあまり聞きにくい場所だからこそ、
その原因を知って、自分に合ったケアを見つけましょう

 

デリケートゾーンの黒ずみ三大要因

肌への刺激によるメラニン色素の働き

私たちの肌は何らかの刺激を受けると、それを保護しようとメラニン色素が出ます。
これがメラニン生成です。

 

そのメラニン色素が肌を黒ずませる原因になるのです。
日本人は白人よりもメラニン活性が高い為、どうしても黒ずみやすいのです。
そして更にデリケートゾーンはこのメラニン細胞の活動が特に活発な場所なのです。
密着する下着やジーンズの締め付け、化学繊維などによる
皮膚へのダメージがメラニン生成に繋がってしまいます。

加齢によるターンオーバーの乱れ

正常な肌は外部刺激で生成されたメラニン色素によって黒ずんだ肌を、
約28日という時間をかけてゆっくり元の肌色に戻します。
これをターンオーバーと言います。
年齢を重ねると、肌の新陳代謝が低下してしまうため、
このターンオーバーが低下してしまいます。

 

ターンオーバーが低下するとメラニン色素が沈着したままになったり、
古い角質が落ちなくなり、肌にシミや黒ずみができてしまいます。

 

デリケートゾーンでも同じことが言えます。

ホルモンバランスの乱れ

食生活の乱れ、睡眠不足、仕事や勉強のストレス、
誰にでも起こりうるこういったことが実はホルモンバランスの乱れの原因になります。
加齢だけではなく、ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが低下します。
月経不順や、冷え性、肩こりなどもホルモンバランスに関係しています。
もしかしたら気づかないうちにホルモンバランスが崩れているかもしれません。

 

ホルモンバランスが崩れると、黒ずみだけではなく、肌がくすんだり、
きめがあらくなったり、乾燥肌になりやすく、しわになりやすいと言われています。

 

年齢を止めることは出来ませんが、肌の刺激が少ない下着を
身につけたり、カミソリなどは頻繁に使うのをやめた方がいいですね

 

ホルモンバランスを整えることで、ターンオーバーが正常に行われるようになります。
ターンオーバーの正常化を目指せばメラニン色素沈着が防ぐことに繋がります。
年齢を問わず、規則正しい生活とバランスの良い食事を取ることを
心がけるようにしましょう。

 

page top