デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみ3大原因

デリケートゾーン 黒ずみ

 

デリケートゾーンの黒ずみ、女性にとって大切な場所だからこそしっかりケアしたい!
一体何が原因で黒ずんでしまうのでしょうか?
人にはあまり聞きにくい場所だからこそ、
その原因を知って、自分に合ったケアを見つけましょう

 

デリケートゾーンの黒ずみ三大要因

肌への刺激によるメラニン色素の働き

私たちの肌は何らかの刺激を受けると、それを保護しようとメラニン色素が出ます。
これがメラニン生成です。

 

そのメラニン色素が肌を黒ずませる原因になるのです。
日本人は白人よりもメラニン活性が高い為、どうしても黒ずみやすいのです。
そして更にデリケートゾーンはこのメラニン細胞の活動が特に活発な場所なのです。
密着する下着やジーンズの締め付け、化学繊維などによる
皮膚へのダメージがメラニン生成に繋がってしまいます。

加齢によるターンオーバーの乱れ

正常な肌は外部刺激で生成されたメラニン色素によって黒ずんだ肌を、
約28日という時間をかけてゆっくり元の肌色に戻します。
これをターンオーバーと言います。
年齢を重ねると、肌の新陳代謝が低下してしまうため、
このターンオーバーが低下してしまいます。

 

ターンオーバーが低下するとメラニン色素が沈着したままになったり、
古い角質が落ちなくなり、肌にシミや黒ずみができてしまいます。

 

デリケートゾーンでも同じことが言えます。

ホルモンバランスの乱れ

食生活の乱れ、睡眠不足、仕事や勉強のストレス、
誰にでも起こりうるこういったことが実はホルモンバランスの乱れの原因になります。
加齢だけではなく、ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが低下します。
月経不順や、冷え性、肩こりなどもホルモンバランスに関係しています。
もしかしたら気づかないうちにホルモンバランスが崩れているかもしれません。

 

ホルモンバランスが崩れると、黒ずみだけではなく、肌がくすんだり、
きめがあらくなったり、乾燥肌になりやすく、しわになりやすいと言われています。

 

年齢を止めることは出来ませんが、肌の刺激が少ない下着を
身につけたり、カミソリなどは頻繁に使うのをやめた方がいいですね

 

ホルモンバランスを整えることで、ターンオーバーが正常に行われるようになります。
ターンオーバーの正常化を目指せばメラニン色素沈着が防ぐことに繋がります。
年齢を問わず、規則正しい生活とバランスの良い食事を取ることを
心がけるようにしましょう。