デリケートゾーン かゆい ニオイ

陰部を洗浄しすぎるとかゆみやニオイの元に…。

デリケートゾーン 痒い

 

陰部はどんなに通気性の良い下着やナプキン、
おりものシートを使っていても蒸れてしまいますよね。

 

デリケートゾーンの黒ずみを薄くしようと
念入りに洗ってしまうと思いがけない影響も出てきます。

 

かゆみやニオイが不快感につながって、
陰部を清潔に保とうとお風呂でゴシゴシ洗浄していませんか?
実は陰部を洗浄しすぎるとかゆみやニオイの元になってしまいます!

 

  • 陰部はとてもデリケート

粘膜で出来ている陰部は弱酸性であるのに対して、
市販のボディソープの多くはアルカリ性で洗浄成分がとても強いため、
陰部をその泡でゴシゴシ洗い刺激してしまうと、かゆみやニオイの原因に繋がります。

 

敏感な陰部には石鹸の泡のすすぎ残しや、
ボディタオルなどを使って洗うことが刺激になります。
刺激を受けた皮膚は、そこを守ろうとメラニン細胞が活性化させ、
やがて黒ずみやくすみ、乾燥の原因になります。

 

また洗いすぎによって必要な菌である表皮ブドウ球菌が
殺菌されてしまい、逆にニオイの原因菌である真菌が増えてしまいます。
ではデリケートゾーンはどうやって洗っていけばよいでしょうか?

 

  • 気を遣ってやさしく洗う

肌に負担を与えないように陰部の清潔を
保つ為には、やさしく洗うことを心がけましょう。
刺激を与えないように、石鹸やボディソープを
きちんと泡立てて、必ず手で直接洗浄します。

 

陰部は複雑な構造になっており、汚れや垢などが
知らず知らずのうちにたまりやすくなっています。
もちろんその汚れはシャワーだけで洗い流すことは難しいです。

 

手に泡立てた石鹸やボディソープを乗せ、
こすらないように注意しながら丁寧にやさしく汚れを落として下さい。
この時長い爪などで陰部を傷つけないように気を付けましょう。
ちなみに膣には自浄作用があります。石鹸の泡で
自浄作用が失われてしまうので避けて洗うようにします。

 

  • 陰部専用ウォッシュを使う

市販の石鹸やボディソープ製品はとても洗浄成分が強いため、
デリケートゾーン専用ウォッシュを使うことをおすすめします。

 

専用製品の方が陰部の肌や粘膜にも優しく出来ていますので、手軽にケア出来ます。
最近では専用製品が色々あります。ネットで簡単に手に入れることが出来ます。

 

オイルで汚れを浮かせて洗い、ニオイの元となる汚れや
古い角質なども綺麗にすることが出来る物もあります。
これを機会に自分に合う製品を選んでみましょう。

 

  • まとめ

陰部を清潔に保つことはとても大切ですが、
力を加えて洗浄するとかゆみやニオイの原因になります。

 

通気性の良いナプキンやおりものシートが
多数販売されていますが、きちんとこまめに交換するようにしましょう。
自分に合った専用ウォッシュを見つけて、
早めのケアをしていけば、気になる不快感とさよならできます!