デリケートゾーン 黒ずみ 石鹸

デリケートゾーンの黒ずみには石鹸の選び方が大事

デリケートゾーン 黒ずみ

 

人には聞きにくいデリケートゾーンのお手入れ方法。
気になるのは黒ずみだけど、もしお手入れ方法が
間違っていたらトラブルにも繋がりやすいのです。

 

でもなかなか正しいお手入れ方法が分からない!という方も多いのではないでしょうか。
デリケートゾーンの1番の悩み、黒ずみ対策には使う石鹸の選び方が大切なのです。

 

 

  • 名前の通り“デリケートゾーン”はとても敏感でデリケート

 

デリケートゾーンは顔や体の腕や脚などに比べてとても敏感でデリケートな部分です。
特に局部は皮膚ではなくデリケートな皮膚粘膜です。

 

弱酸性で敏感なため乾燥したり、
外部の刺激によって痒くなりやすく、荒れやすいのです。

 

その外部刺激がメラニン細胞の活性化に繋がり、黒ずみの原因の1つになります。
ましてや生理期間中は長時間ナプキンを当てることになりますので
蒸れて雑菌が繁殖しやすく、匂いも気になりますよね。
デリケートゾーンはなるべく刺激をしないでおきたい部分なのです。

 

  • 石鹸選びを気を付けましょう

ではどのような石鹸を選ぶべきなのでしょうか。
市販の石鹸やボディソープは弱アルカリ性であることが多いです。

 

先ほど挙げたように、デリケートゾーンの局部は弱酸性なので、
アルカリ性の石鹸を使うことは避けるべきです。

 

アルカリ性の石鹸を使ってしまうと、皮膚にとっては良い菌であり、
皮膚を弱酸性に保ってくれる「表皮ブドウ球菌」まで殺菌されてしまい、
逆に真菌という匂いの原因菌が繁殖してしまいます。

 

大切なのは、良い菌を殺さず、肌にとって刺激の少ない石鹸を選ぶことなのです。

 

  • 洗いすぎによる刺激を減らす

肌や皮膚を清潔に保ちたいと思うと、どうしても大量の泡で
ゴシゴシとしっかり洗いたくなる気持ちになります。

 

しかし、敏感肌やアトピー性皮膚炎など、もともとデリケートな
肌の人にとってはその行為も肌にとっては刺激になります。

 

また、たくさんの石鹸や泡を使ってしまうと、自分の気づかないところで
すすぎ残しがあるケースもあり、それも肌への刺激の1つです。
刺激のない石鹸で優しく洗うことが大切だということです。

 

  • ビキニラインの美白には洗いすぎにご注意!

デリケートゾーンは清潔に保った方が良いけれど、洗いすぎには気を付けましょう。
肌に優しい天然成分が配合された
デリケートゾーン専用ウォッシュを使うと良いでしょう。

 

黒ずみや、匂いをケアしてくれる物があるので
、それを使い優しく洗浄するのがおすすめです。

 

洗浄成分が強いものは使わないようにして、
すすぎ残しのないようにきちんとシャワーで洗い流すことを心がけましょう。